アロマは脳を刺激して認知症を改善する

ここに実際認知症をアロマテラピーによって治療した花子さん、勿論仮名ですけれども彼女がどのようにしてこれによって改善されたのかを記載していきたいかと思います。

花子さんが突然認知症を宣告されたのは今からちょうど二年前のことになります。

けれどもお医者さんが施したアロマテラピーによる日々の治療によってしっかりと改善されました。

現在では特にお医者さんに通うことなく勿論変な物忘れもなくしっかりと生活しております。

ちなみにどのようなアロマを使用したのかと言いますと、オレンジとローズです。

主にこの二つの香りによってアルツハイマー予備軍から改善されました。

朝、ご飯を食べた後はローズの香りで嗅覚を刺激、それによって神経を緩和します。

逆によるご飯を食べた後はオレンジという柑橘系の刺激で神経に緊張を与えていきました。

認知症に効果的なアロマの詳細

それによってどんどん海馬が刺激され、アルツハイマーが改善されたそうです。

このように複数の香りを使って脳の症状を改善するようです。


Comments are closed.