認知症を改善して脳を活性化させるアロマの配合

アルツハイマーなどを改善するためには色々な方法がありますけれども、その中の一つのやり方として脳みそを生き返らせるという手段があります。

ここで使用される方法の一つがアロマテラピーなのですけれども、認知症の改善としてアロマが使われるからと言って、なにを使用してもいいというわけではありません。

的確な配合などがありますのでそれを覚えておいた方がいいでしょう。

勿論この配合には個人差があります。

しっかりと認知症を改善したいのならばやはりそれぞれ個人に合った配合を生み出すのがいいことに変わりはありません。

それでは一般的に物忘れの予防を促してくれる香りの配合を紹介いたします。

ローズマリーとレモンが二体一の割合です。

そしてもう一つがラベンダーとオレンジがこちらも二体一の割合。

前者は朝につかって後者は夜に使って下さい。

これはどちらか片方を使えばいいというものではなく、どちらもしっかりと使って効果を出すものなので気を付けましょう。


Comments are closed.